ゴムでわかる日本の技術力

日本はすごい!ゴム加工品いろいろ

ゴムでわかる日本の技術力 日本の工業技術は世界でもトップクラスにある。このサイトでは数ある工業の中でもゴムに注力して解説、紹介をしていきたい。中に専門用語もあるが素人にもわかりやすくまとめているのが特徴である。
日本のゴム製品は主に自動車のタイヤ、作業、ホースなどに使用されるチューブとしての役割を果たしている。
チューブとして形成されるまでの過程として、素縛り、混縛り、加硫と3種類の工程のもとで成り立っている。

素縛りとは、天然ゴムを細かく分断し加工していくものであり、混縛りは素縛りを終えたものに薬品を混入しゴムの原型に近づける作業である。
また加硫はゴム生産の専門用語とされている。
加工品として形成されるにはこの工程をクリアし、さらに別の形状に変化させる。

日常生活の身近な存在で使用されているのは、電線、ケーブル、シール材、接着剤、雨合羽、雨靴、タイヤ、輪ゴム、手袋、消しゴム、風船などである。

ゴムの加工技術は飛躍的に進化し、例えば雨靴では、滑らないための工夫が施され、履き心地も格段に良くなっている。
また、防水するものの肌には密着させないなど、様々な開発が進んでいる。

冬場の欠かせないアイテムであるスタッドレスタイヤは、滑り止め、防水、雪道走行でも雪をかき分けて食い込むといった、日本のゴム製品ならではの強さを発揮している。
また、安全面も確かな物であり、このような頑丈なゴム製品は日常生活において、無くてはならない存在なのである。

Copyright(c) 2014 ゴムで分かる!日本の技術力 All Rights Reserved.